スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヴェントの娘3巻カバーイラスト!

アヴェントの娘3
04 /28 2011
こんばんはYです。
あらまあもう5月になりますね。早いものです。


今日は、アヴェントの娘3巻のカバーイラストを公開!
先日ご覧いただいたラフがこうなります! すごい!



煌びやか!  
夜なのに明るい。水の描写もやっぱり素敵。そんな幻想的な雰囲気の中で囚われているシェルタ……。
吸い寄せられてしまいますね。思わず腰からももにかけてをじっくり見てしまいますね。
著者の永野さんもそうですが、私も感性がおっさんなので、すごくそそれれます。
是非書店さんでじっと立ち止まって見つめていただきたいものです。
皆さんもおっさんの仲間入りすればいいですよ。

書誌情報は以下のとおりです!

『アヴェントの娘―碧眼の囚われ人―』
著   : 永野水貴
イラスト: 碧風羽
発売日 : 5月16日※地域によって異なります。
ISBN:978-4-7816-0610-1
定価:1260円(税込)



帯文はこんな感じですよ。

___________________________

「俺の後宮(ハレム)へようこそ、《水の一族》の姫君」
ラスールのハレムに入れられたシェルタを奪還すべく、
バラド国に向かうカルフとソティラスだったが――。


【あらすじ】
妹姫ルチヨラの身代わりとしてメガロス皇国に赴いたシェルタは、無事に役目を果たして安堵したのもつかの間、バラド国の王太子ラスールに連れ去られてしまう。
それを知ったカルフとソティラスは、彼女を救うべく動き始めるが……。
《水の一族》を嫌うバラド国で、無理やりラスールのハレムに入れられたシェルタ。
彼女の身に最大の危機が迫る――!?

___________________________


俺のハレムにようこそ!

しばらく私の中でこのフレーズがブームでございました。
ラスールのハレムに入れられたシェルタはどうなるんでしょうか……。

というわけで、アヴェントの娘3巻、よろしくお願いいたします!


コメント

非公開コメント

レガロシリーズ編集部

近刊情報やイラスト情報を公開!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。