幽谷町の気まぐれな雷獣 キャララフその2!

幽谷町の気まぐれな雷獣
04 /19 2012
こんばんはYです。
人口甘味料入りののど飴をなめすぎたら、お腹を壊しました。
もともと、人口甘味料がダメな人間なんですが、
そろそろ大丈夫になったかなーと思って試しに食べてみるんですが、やっぱりダメなものはダメみたいですね。残念。


さてさて、更新が遅くなってすみません。
今日は、『幽谷町の気まぐれな雷獣』のキャララフその2です~。


化学同好会の面々です。ネタばれになるのであまり突っ込んだ紹介はできませんが、と言ってる時点でネタばれのような気がしてきますが、と言ってしまうとさらにネタばれな気がしますが…みんなかっこよくてかわいくて素敵ですぞー!

上渡
彼は上渡くんと言いまして、化学同好会の会長さんです。三年生。
この、がっしりどっしりした立ち姿がまさに彼らしくて、いい感じの肩幅が超好みです。
制服のボタンをきっちりとめた、しわの入り具合もたまりませんなあ! かっこいいなー。


黒川
彼は黒川くんと言いまして、猫っ毛が悩みの化学同好会の三年生です。
彼もまた立ち姿から人となりが伝わってきます。素敵。
飄々としてるんですが、案外仲間思いなのです。


栄永
彼女は、栄永(えいなが)さんと言いまして、化学同好会の一年生です。
膝の感じがいいですよね。こう、くっと入ったところが。くっと。
かわいいなあ。髪がさらっさらだなー。いいなー。
彼女は、萩子と正反対のタイプの女の子かもしれません。明るくて積極的な女の子です。



ううう、ネタばれになりそうで、難しいな。
というわけで、Yのおっさん的な感想しかお伝えできていませんが、
彼らが萩子と大地にどう絡んでくるかは、物語を読んでからのお楽しみということで!


本日無事に入稿いたしましたので、何事もなければ、5月下旬にお届けできると思います!
よろしくお願いいたします~。



次回は、カバーラフの公開です!
スポンサーサイト

幽谷町の気まぐれな雷獣

幽谷町の気まぐれな雷獣
04 /04 2012
こんばんはYです。

先日仮題でお知らせいたしました、5月刊行予定のタイトルが決まりました!


『幽谷町の気まぐれな雷獣』
です!
※「幽谷町=ゆうこくちょう」と読みますよ。

あらすじと、キャララフも公開!! 
※あらすじは実際の帯と変わっているかもしれません。たぶんちょっと変わります。
________________

幼なじみは妖怪でした。
地味で真面目な委員長とイケメン幼なじみとの、ご近所あやかし物語。

<あらすじ>
片野萩子のイメージは、地味で真面目な委員長。一方、幼なじみの稲多大地は、気さくなイケメンで人気者。
会話の数もめっきり減った、カテゴリ違いの二人が、とある事件をきっかけに急接近!? 
山間の田舎町、幽谷町で繰り広げられる、恋と青春と、たまに変身(?)のハートフルファンタジー!
________________



上のあらすじにありました、真面目っこ萩子ちゃんはこちら。
萩子
ぬおお、膝丈スカートたまりませんなあ。超かわいいんですけど! 
たしかに委員長に推薦したくなる子です。
彼女は、みんなから真面目っこと思われていることに、窮屈さを感じているんですが、
気を使いすぎて強気に出られません。なんだかんだで面倒ごとを引き受けてしまう損な役どころ。
高校二年生です。
うーんしかしかわいいな。めちゃくちゃタイプです。

そして、イケメン大地くんはこちら。
大地
こんな幼なじみがいたらどうだろうか! どうなんだろうか!
かっこいい! 誰が見てもかっこいいな!
彼は萩子とは対照的に、社交的で誰とでもわりとすぐに仲良くなれてしまうタイプです。
萩子のようにきっちり制服を着たりもしないし、授業中はずっと寝てたりしますが、
イケメンなのに気取らない性格なので、男女問わず人気があるわけですねー。
こちらも高校二年生。



小学校のころは仲良く遊んでいた二人ですが、
今ではもう会話の数もめっきり減って(熟年夫婦のような表現だな)、ずいぶんと疎遠に……。
が、とある事件をきっかけに、再接近! というのが今回のお話です。

なんというか…大地くんが切ない…! ネタばれになるのであんまり言えない!

というわけで、お楽しみに!


次回もキャララフ続きます~。

レガロシリーズ編集部

近刊情報やイラスト情報を公開!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。